パチンコ エヴァ 新台

メタ文字「+」:直前の文字を1回以上繰り返す場合にマッチする

メタ文字の 1 つであるプラス(+)をパターンの中に記述すると、プラスの前にある文字が 1 回以上繰り返したものにマッチします。ここでは Perl の正規表現で、プラスの前にある文字が 1 回以上繰り返したものにマッチするメタ文字「+」の使い方について解説します。

(Last modified: )

メタ文字「+」の使い方

メタ文字の1つであるプラス( + )をパターンの中に記述すると、プラスの前にある文字を 1 回以上繰り返したものにマッチします。

例えば次のように記述します。

/Ha+ppy/

上記の場合、プラス( + )は直前の文字(今回は "a" )に 1 回以上繰り返したものにマッチします。 1 回以上というのは "a" が必ず 1 回は必要になりますので "a" や "aaa" などにマッチするということになります。

〇 Happy
〇 Haappy
〇 Haaaaaappy
× Hppy
× Habppy

メタ文字のアスタリスク( * )が 0 回以上だったのに対してプラス( + )は必ず 1 回は必要な場合に使用して下さい。

サンプルコード

それでは簡単なサンプルを作成します。

use strict;
use warnings;
use utf8;
binmode STDIN, ':encoding(cp932)';
binmode STDOUT, ':encoding(cp932)';
binmode STDERR, ':encoding(cp932)';

&check("Happy");
&check("Haappy");
&check("Haaaaaappy");
&check("Hppy");
&check("Habppy");

sub check{
  if ($_[0] =~ /Ha+ppy/){
    print $_[0]." は /Ha+ppy/ にマッチします。\n";
  }else{
    print $_[0]." は /Ha+ppy/ にマッチしません。\n";
  }
}

テキストエディタでプログラムを記述したあと sample.pl という名前で保存します。(文字コードは UTF-8 です)。コマンドプロンプトを起動し、プログラムを保存したディレクトリへ移動したあとで次のように実行します。

perl sample.pl

次のように実行結果が表示されます。

直前の文字を1回以上繰り返し(+)(1)

メタ文字の + が含まれるパターンを作成し、色々な文字列とマッチするかどうか調べて結果を画面に出力しました。

-- --

Perl の正規表現で、プラスの前にある文字が 1 回以上繰り返したものにマッチするメタ文字「+」の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

Profile
profile_img

著者 /

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。